お酒を飲み続けるとなぜ強くなるのか?

みなさんも聞いたり体験したことはありませんか?

お酒を飲み続けると、お酒が強くなるという事実は、、、

 

日本人の50%は、アルコールが分解されたときにできる毒性のアセトアルデヒドを分解する酵素を持っていない人がイます。

それなのになぜ、お酒を飲み続けると、強くなるのでしょうか?

実は人間の細胞もしっかりとした適応力があるのですが、

そもそもアルコールの分解には、大量の酵素を必要とします。

ですが、定期的にお酒が入ってくる状態になると

人間の適応力のために肝臓に酵素を集めようと日々万全作をとっているのです。

そのために、お酒を飲み続けていると、お酒が強くなるという現象が起こります。

お酒は百薬の長という言葉もありますが、それはストレス発散的なことです。

人間の害であることは間違いないので、飲む量は控えるようにしてくださいね。

脳梗塞を予防するために必要なこと

脳梗塞を予防するのに必要なことと聞かれたら真っ先に食生活の改善と答えるでしょう。

脳梗塞の原因としては、直接的なものでは、血管の閉塞が言えます。

そうなると関係してくるのが、血液の粘度と血管の弾力ではないでしょうか?

血液の粘度に関しては、気をつけたいポイントは2つ

水分をこまめに取ることです。

血液中の水分が少ないと当然粘度は上昇しますよね。

次に、動物性脂肪の取り過ぎです。

動物性脂肪というのは、人間の体内ではどろどろとした状態でしか存在できないのです。

なので、動物性のお肉ばっかり食べている人は血液の粘度が高くなっていると言えます。

 

次に、血管の弾力ですが、これは老化に起こるものが主かもしれません。

老化は止められないのでしょうがないのですが、

その他には、糖尿病も血管を傷つけることで有名です。

また、活性酸素が多いと、血管も傷つけるおそれもあるので注意しましょう。

やはりこれらのことを考えると脳梗塞予防に大事なのは食生活です。

 

人間の活性酵素の働きも、食べ物から摂取することが重要です。

ビタミンやミネラルは、人間の体内の活性酵素を活発化させます。

つまりこれらがよく働く人ほど、活性酸素(フリーラジカル)をやっつけるので、

老化しにくいのです。

みなさんも野菜をたくさん食べたり、果物を食べるようにしましょうね。

お酒はアンチエイジングによくない

お酒はアンチエイジングには大変よろしくありません。

なぜなのかご説明します。

まず、アルコールを飲むと、人間の体には有毒のために肝臓で、解毒処理が始まります。

まず、この肝臓での分解の過程で、たくさんの活性酵素を消費してしまいます。

この活性酵素とは、老化の原因になる活性酸素をやっつける働きのあるものです。

 

さらに、アルコールの分解の過程で、多くの活性酸素を発生させてしまいます。

つまりはダブルパンチということなんですね。

そういえば、お酒ばっかり飲んでいる人って、顔中がしわだらけだったりしませんか?

アレは、肝臓の機能も衰えるのもありますが、アルコールの分解においつけなくなり、体中に活性酸素が回った結果、老化がどんどん進んでいったものと思われます。

 

たしなむ程度のアルコールなら問題ないでしょうが、やはり飲み過ぎは、女性にはうれしくないですね~

みなさんもお酒の飲み過ぎには気をつけましょうね。

美容の大敵となります。

 

肌汚いのは食物繊維不足かも!?

肌が汚い、、、となげいていませんか?

そんなあなたがまずすること、、、それは、腸内環境をよくすること

もっと詳しく言えば、腸内の善玉菌を増やすことです。

そうすることによって、肌が汚いのからきれいになっていくのです。

というのも、腸とお肌は、関係が大きいのです。

腸の状態が悪いと、活性酸素をやっつける活性酵素もうまく働いてくれません。

その結果、活性酸素があばれてお肌を傷つけて、肌荒れになり肌は汚くなるいっぽうです。。

さらに活性酸素はシミやシワの原因にもなるので、さらに肌が汚く見えてしまうという悪循環になりえるのです。

ですから、食物繊維などをしっかり食べて腸内の善玉菌をしっかり増やしましょうね。

また、肌汚いし乾燥肌の女性が、潤いはだになれたという口コミはこちらでご確認ください。

肌汚い

排便時に毎回、腸内細菌は出て行ってしまっている!

なんと、人間は排便時に腸内細菌をごっそりといっしょに排出締まっているのです。

ですが、これは悪いことでもなんでもなく、ごく一般的な健康体にみられることなんですね。

 

人間の体はそうやって腸内細菌のバランスをとっているようです。

もちろんこの腸内細菌には、生きているものもあれ死んでいるものもあります。

 

で、ここで問題になってくるのが、便の大きさによって、腸内の健康度がわかってしまうのです。

健康な腸は、腸内細菌がたくさん存在しています。

そして、排出される分もおおくなるので便の大きさ量がしっかりしているのです。

 

ところが現代の食生活では、みな便がほっそりとしてしまったのです。

これは、食べ物が欧米化へとシフトして、ファーストフードなどを好んで食べていることにより起こって締まっているのです。

 

つまり、腸内環境じたいが悪くなっているのです。

腸内環境が悪いと老化も早くすすみますし、ガンや病気にかかりやすくなり

イライラしたり、集中力がなくなったりします。

 

これを改善するには、やはり野菜中心の食事や和食をこころがけることをおすすめします。

高級化粧品なんていらない!シミしわ対策これだけ!

まずシミやシワができる原因を紹介しておきます。

それは体内にできた活性酵素が原因です。

 

体内に活性酵素ができると、それが全身をめぐり、体のあちこちの細胞を傷つけます。

 

傷つけられたけっかシミやシワの原因となるのです。

つまり、高級化粧品うんぬんよりも、シミやシワの原因である活性酵素を取り除けばそれでかなりの予防と鳴るはずです。

ですが、困ったことに、この活性酵素は呼吸しただけでも発生するのです。

つまり生きていく上で発生は欠かせないんですね。

 

じゃあ反対に抑える力を強くする、、、それはSODとも呼ばれる酵素たちです。

これは活性酵素をやっつけるはたらきつまりアンチエイジング効果があるのです。

では、そんなSODをしっかり働かせるために重要なこと、、、

 

それが、腸内環境改善なんですね。

腸内環境がキレイな人は、この活性酵素も次々にやっつけてシミやシワができにくいということです。

この状態は、高級化粧品なんていりませんからね(*^_^*)

 

浮気の原因に便秘があった!

浮気の原因が便秘と聞くと意外に思った方がほとんどだと思います。

実は、浮気だけではないのです。

タバコがやめられない

集中力がない

 

これらも実も、便秘が関与しているのです。

実は、長いこと便秘が続く状態というのは、当然腸内環境が最悪だから起こること

つまり、悪玉菌だらけの状態なんですね。

 

実は腸は、脳と密接な関係があります。

脳腸相関という言葉あるくらいです。

腸内が悪い環境だと、神経伝達物質のドーパミンやセロトニンをうまく作れないのです。

 

ノーベル医学生理学を受賞した、カールソン博士は、言っています。

ドーパミンには、一度好きになったものを記憶するという性質があります。

なので、脳内にドーパミンがアレば、1人の人間を愛する事ができるのですが、脳内にドーパミンがたりないとそれが難しいのです。

 

またタバコがやめられないのも、ドーパミンがタバコが美味しいという感情を記憶して、忘れられなくなるからです。

集中できないのもセロトニンという物質が少ないことと関係しています。

 

いいですか、みなさん腸内環境があなたの生活を狂わせるのです。

ですから、しっかり意識して腸内を改善するようにしましょう。